テスト実験室

太和生技グループは2006年に上海で高水準、国レベルの検査管理センター(以下は検査センターを略称する)を設立し、敷地面積は500平方メートルである。その中に微生物実験室、計器分析室、化学実験室、物理実験室、安定して交換性のある実験室が設置されている。これは、中国合格委員会(CNAS)の認定を受けた国家認定の試験所であり、第三者試験機関認定を取得し、認定試験レポートを発行する資格もある。中国の化粧品メーカーの中で、この認定資格を持っている二社の中の一社です。

検査センターは、検査管理能力を向上させ、お客様が満足するサービスを提供するために、CNAS-CL01「検査と校正実験室の能力認定基準」(ISO/IEC17025相当)に基づき管理体系を確立・運行し、2009年12月に中国国家認証委員会(CNAS)による全国的に認知された試験所として評価された。 CNAS国家認可実験室が発行した検査報告書は世界100カ国以上に適用される。

検査センターには、誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)、誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-OES)、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)、アメリカ輸入マイクロ波分解器(EM - MARS 6)、インキュベーター、恒温槽、超音波洗浄機、遠心分離機、立式電熱圧力蒸気滅菌器などの価値は約1 , 300万元の計器設備がある。検査項目は重金属の保有量、防腐剤、日焼け止め剤、菌群総数、カビ菌、酵母菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、防腐剤挑戦テスト、pH、水分保有量、折れ力、電導率、酸値、サポニン化値、過酸化値などが含まれている。

Lab検査員は豊富な検査経験を持っており、国家監委員会研究所、上海松江区の特種設備監督検査所、北京安捷伦科学技術会社、上海華東計測検査局が主催する様々な訓練活動に参加している。2017年度の大連中食国実検査技術株式会社が主催する化粧品病菌、重金属、防腐剤のテスト能力検証、2015年度化粧品の中での菌群総数及び重金属鉛砒素の測定、2014年度広東省疾病予防制御センターが主催する化粧品の中の病菌及び化粧品の中の重金属鉛砒素の測定の審査、2013年に遼寧出入国検査検疫局が主催する重金属水銀の承認、2011年にEstee lauderアジア品質中心の実験室高規格認定等も取得している。

太和生技グループは、2009年から手に入れたCNAS国家級実験室の認証を取得。その認定資格は中国地域の化粧品製造業で二社の中の一社の国家級の検査センターを持つ化粧品企業であり、世界的なブランドと中国地区のハイエンド専門ブランドの品質保証を提供しておりグループは全世界の顧客に強力な品質保証と市場販売サポートを提供している

登入

登入成功