R&Dセンター

太和生技グループは従業員人々の仕事ぶりに基づき、品質、研究開発、革新、サービス(QRIS)を確立してきた。グループは、製品研究及びデザインの革新への年間投資は、当グループ収益の約7.5%を占める。世界で化粧品研究開発と新創造のエンジンといわれる地位を維持する。現在進行中及び今後予定の研究開発プロジェクトは次の通り:

過去38年間太和生技グループは、多くの科学研究結果の特許を取得している。複数の製品特許は国際的な大きいブランドに選定され、市場で大人気の製品を数多く発売さした)。

2015年9月に日本支社が設立された。2016年5月には、処方、技術プロセス、原材料の開発と革新を目的としたR&Dセンターが設立された。現在、日本には多くのR&Dエンジニアと複数のシニアR&Dコンサルタントが駐在している。これは、グループが日本市場と世界のトップブランド市場に参入するための良い基盤となっている。

2018年より、台湾の高雄医科大学の化粧品部門と協力し、R&D人材を育成し、優秀な卒業生を太和グループへ入社させるなど、将来のR&D人材のための産学連携の基盤が確立されている。

太和生技グループは研究開発技術を重視している結果、2014年度から太和生技集団の管轄下の麗鑫生技化粧品(上海)株式会社が上海科学技術委員会から承認される上海市の「ハイテク企業」を二度受賞し、2017年度に中国美容博覧会委員会から発行されるCOSMETECH製造賞を受賞した。2018年度には、中国の美容博覧会委員会より美伊科技賞の最優秀研究開発賞を受賞した。

登入

登入成功